主催

ラ・クァルティーナ in Bunkyo 2019

開催日程
2019年10月25日 開演時間:19時 (開場時間:18時30分)
会場
文京シビックホール 小ホール

4人のチェロマイスター、二年の時を経て再び ― !

2年ぶり、7回目の開催となる「ラ・クァルティーナ in Bunkyo」。
今回、文京公演で開催以来続く“チェロ四重奏のための新編曲版”では
バレエ音楽でお馴染みのチャイコフスキー作曲「くるみ割り人形」抜粋を初演。
その他、クレンゲル、バッハ、などチェロのためのオリジナル曲と
シューマン作曲「チェロ協奏曲」のチェロ四重奏版など
ラ・クァルティーナがチェロの魅力をたっぷりとおとどけします

出演者

ラ・クァルティーナ <La Quartina> (チェロ四重奏)

藤森05_C.林喜代種.JPG
藤森亮一

藤村俊介1-1.jpg
藤村俊介

銅銀久弥0067.jpg
銅銀久弥

桑田歩005.jpg
桑田歩

プロフィール

 NHK交響楽団首席チェロ奏者の藤森亮一が中心となり、聴衆の要望をふまえ、NHK交響楽団の腕利きのチェリスト4人(首席と3人のフォアシュピーラー)で結成。結成と同時にCDを発売し、またたく間に話題となる。時にはオーケストラ、時にはパイプオルガンの如く響き渡る彼らのハーモニーは、圧巻の美しさ。4人それぞれがソリストでもあり、4人だけで集まることがとても難しく、そのコンサートは大変貴重なものとなっている。
 結成からこれまでに、6度の文京シビックホールでの公演を始め、各地の多くの公演でチケットが完売となるなど、絶大なる人気のアンサンブルとなっており、名古屋国際室内楽フェスティバル、北九州国際音楽祭からも招待されている。2016~2017年にかけては、NHK-Eテレ「クラシック音楽館」にも取り上げられ、演奏が5度に渡り放送された。
CDは「シャコンヌ」、「アダージョ」、「リベルタンゴ」ほか11枚のアルバムを発売し、いずれも好評となっている。

演目

バッハ/無伴奏チェロ組曲第3番 ハ長調 BWV.1009 より プレリュード
クレンゲル/小組曲 op.59
シューマン/チェロ協奏曲 イ短調 op.129 (チェロ四重奏版)
チャイコフスキー/アンダンテ・カンタービレ
チャイコフスキー/四季 op.37bis より “舟歌”  “松雪草”  “秋の歌”
チャイコフスキー(鷹羽弘晃 編曲)/バレエ音楽『くるみ割人形』より(チェロ四重奏版・新編曲初演)


チケット情報

料金

全席指定 3,800円

チケット状況

チケット発売

■一般発売
2019年6月8日 10時

チケット取扱

注意事項

・電話番号は、おかけ間違いのないよう、お気をつけください。
・発売初日のチケット購入は、1公演4枚まで、お席は選べません。
・お買い上げいただいたチケットのキャンセル及び変更はできません。
・都合により出演者、演目等が変更されることがあります。予めご了承ください。


お問い合わせ

シビックチケット
03-5803-1111
(10時~19時/土日祝休日も受付)